生地について

節約主婦節子です、お元気ですか?

良い生地は綿の生地っていうイメージがあると思いますが、実はそれだけではなくて、木綿もまた、良い生地の中に入ります。

吸水性が良くて、普段着の着物なんかにもよく使われています。浴衣だけではなく、浴衣なんかにも使われていますね。木綿とはいっても作家によって色合いや風合いが変わってくるのでそれだけでもとても高価なものになります。

夏になると風通しが良い麻や紗なんかも良く使われますね。ここ最近は洗うのに効率的なポリエステルやウールなんかの生地も比較的に人気のようですね。

そんな生地ですが、反物の生地は買取してもらえるのですが、はぎれも買取はしてくれるのか、これは悩まれる方もいらっしゃると思います。

はぎれというのは中途半端な長さや大きさの生地の事で、着物のはぎれになると色や柄も結構いいものになるのですが、買取はもちろんできます。

はぎれを買取した場合は、それを利用して小物を作成したりして再利用する事ができます。

そもそも色や柄が良いものなので、小物にしてもキレイなものを作る事ができますし、半襟として使用する事もできます。

生地の種類はウール、唐織り、塩瀬生地、紗生地、繻子生地、上布生地、縮生地、縮緬生地、綴織り生地、紬生地、有名な錦織生地など上げるとかなりの数があるのでこのくらいにしますが、これだけの生地の種類があるのです。

それぞれに特徴や買取価格は違ってくるので今手元にある生地がどれなのかを確認してから色々調べてみると良いとおもいますよ。